会社代行業者の選び方

最近では会社設立の代行業者が増えていて、各社様々な特色を打ち出しています。そのため業務を依頼するにあたってどの業者に依頼をすればよいかというのはとても難しい問題です。代行業者選びの基準は人それぞれありますが、以下の基準を参考にして選ぶと選んでよかったと思える理想的な代行業者を見つける参考になります。

名刺交換まずは代行業者への相談時の対応です。ただ事務的なやり取りではなくきちんと起業していくにあたっての志や不安点、不明点といったことの確認をしてくれ、適切なアドバイスをもらうことのできそうな業者を選ぶようにしましょう。会社設立に必要な情報は膨大で経営者が勉強しても抑えられない項目や偏った視点を持っているということもあります。そのようなとき、こういった視点をもって熱心に対応してくれる代行業者であれば経営者の足りていない部分を補ってくれる存在になってくれます。

次に、経費の問題です。代行業者への依頼料が安い方が安心できるのは当然のことです。しかし、あまりにも安いと単に定款電子認証での書類作成のみしか受けてくれず経費や資金のことでの相談をすると別料金を取られてしまうというケースもあります。定款の作成についても、テンプレート通りに作るのではなく事業内容をしっかりと聞いて自社に合ったオリジナルの定款を作成してくれる業者に依頼をしたいものです。安かろう悪かろうでは意味がなく、結局ほかの相談業務のためにほかの代行業者や行政書士への相談をすることになれば割高になってしまいます。できれば料金だけで判断するのではなく設立から設立後までしっかりとサポートしてくれる業者を選びましょう

参考HP【アディーレ|会社設立代行業者